インテリジェントなエッジからクラウドへのサービスを大規模に提供

シェア
ブループリント ロゴ

クラウドと 5G 接続の事実上無限のコンピューティング パワーをネットワーク エッジのインテリジェント デバイスと組み合わせることで、没入型で影響力のあるビジネス ソリューションを構築するためのフレームワークが作成されます。

これにより、スマート シティからスマート ファーミングまで、あらゆる種類の産業を変革する分散型インテリジェンスの新時代が実現します。 Gartner は、2025 年までに企業が生成するデータの 75% が、従来の集中型データ センターやクラウド以外のエッジで作成および処理されるようになると予測しています。 IDC によると、米国の組織の 75% がエッジを戦略的なビジネス投資と見なしています。

同時に、インテリジェント エッジの価値の実現が進む一方で、企業は導入を進めるための適切なリソースを見つけるのに苦労しています。 IDC の調査によると、主な課題には、明確なユース ケースの特定、セキュリティ、社内スキルの欠如、およびコストが含まれます。 分散型インテリジェンスの時代がその可能性を最大限に発揮するには、ソリューション プロバイダーはインテリジェントなエッジツークラウド サービスを大規模に提供する必要があります。これには、効率的なソリューション提供に対する障壁を取り除く必要があります。

インテリジェント サービスの価値の可能性を解き放つ

IoT、AI、メタバース テクノロジの真の価値の可能性は、それらが XNUMX つに完全に統合されたときに解き放たれる可能性があります。 インテリジェント サービスの相互依存エコシステム エッジからクラウドまで。 ソリューションの展開を簡素化する方法でこれらのテクノロジを統合することは、ビジネスと社会に大きな影響を与え、グローバルな課題の解決に役立ちます。

今日、人類が直面している最大の課題の 2 つは、気候変動です。 この課題に適切に対処するという野心的な取り組みの中で、NVIDIA は、気候変動の予測専用の世界で最も強力な AI スーパーコンピューターを構築することを計画しています。 Earth-XNUMX システムは、地球のデジタル ツインを作成します。

NVIDIA Earth-2

このグローバル システムでは、すべてのエッジ、クラウド、およびメタバース テクノロジを活用し、現在よりもはるかに効率的に提供する必要があります。 それらを、Software-Defined Everything (SDx) と Everything as a Service (XaaS) を組み合わせてシステムの動的システムを構成するインテリジェント サービスとして提供する必要があります。この場合、すべてのサービスがシステム全体の集合知に追加されます。

生態系摩擦の解消

私たちは、世界の国内総生産 (GDP) が 70 兆ドルを超えると評価される、複雑で動的かつ相互接続されたシステムの中で生活し、働いています。 しかし、一部のエコノミストは、非効率性により、私たちが生産するすべての食品の XNUMX 分の XNUMX が失われ、世界の食料供給のほぼ半分が消費者に届くことはないと見積もっています。

IBM のレポートによると、相互に依存するシステム間の非効率性を排除することで、世界の GDP の 4 兆ドルの浪費を防ぐことができます。 今日私たちが直面している課題は、企業レベルまたはドメイン レベルで最適化を続けることによって解決することはできません。持続可能性を奨励し、シームレスに相互運用するスマート システムのシステムを提供および管理できるソリューション プロバイダー エコシステム全体でデータを共有することによってのみ解決されます。 .

これらのスマート システムは、サービスとしてのすべての進化を表しています。 スマート トラクターやドローンなどのソフトウェア定義のスマート製品は、自律システムになりつつあります。 しかし、これらのシステムは、持続可能な農業などの高価値の結果をもたらすスマート システムのシステムを形成するために、より適切に連携する必要があります。

統合されたエコシステムは、5G 接続からスマート製品、情報に至るまで、スマート ファームなどのインテリジェント ビジネスを構成するために必要なすべてをサービスとして効率的に提供できます。 しかし、大きな課題に取り組む必要があります。 センサー、アクチュエーター、ドローン、ロボティクス、サイバーセキュリティ、コネクティビティ、分析など、プロバイダー エコシステムで利用可能な膨大なテクノロジーから、エンド カスタマーがマルチベンダーのエンドツー要件に合わせて特別に調整されたスマートシステムを終了しますか?

ケイパビリティによる成果の推進

この課題を解決するために業界コンソーシアムから出てきた革新的なアプローチの XNUMX つは、Capability as a Service の概念です。 Gartner は、Packaged Business Capability (PBC) を、独立して展開できる自己完結型のサービスと定義しています。 PBC には「マイクロサービス」アプローチの利点がありますが、XaaS オファリングの粒度と結果指向があります。

Gartner は、このような細分化された機能が、将来のマルチベンダー ソリューションの構成方法に役立つと予測しています。 これにより、エンド カスタマーは、すべての機能に対して単一のベンダーではなく、特定の機能に最適なベンダーを選択できるようになります。

これらの機能が標準化組織によって定義およびモデル化されると、これらの標準機能に基づくすべてのベンダー サービスが本質的に相互運用および交換可能になります。

IoT やデジタル ツインなどのテクノロジをコストのかかる長期的なプロジェクトとして実装するのではなく、テクノロジを Sense、Manage、Predict などの標準化された機能に組み込み、マルチベンダーのインテリジェントなエッジツークラウド サービスとして効率的に提供できます。

感知、管理、予測

スマート ファームなどの機敏でインテリジェントなビジネスは、サービスとして提供および提供されるマルチベンダー機能の市場から構成できます。 たとえば、XNUMX つのベンダーが温度を感知できるサービスを提供できます。 これらのベンダー サービスは、機能の特定の特性に基づいてインテリジェントに選択され、高価値で持続可能な成果を生み出すことができます。 提供されると、選択されたベンダー サービスのセンシング機能は、他の選択されたベンダー サービスの機能 (管理、予測、作動) とシームレスに接続して対話し、エッジからクラウド システムにまたがるバリュー ストリームを構成できます。

マルチベンダー機能の市場

トラクターや農場などの物理的資産や、注文、サブスクリプション、使用状況などのデジタル コマース エンティティなど、特定の種類のエンティティの状態を管理する機能を標準化できます。 たとえば、TM フォーラムは、オープン デジタル アーキテクチャの一部として、コマースに関連する各エンティティ タイプを管理するための標準オープン API を定義しています。 これらの機能は、複数のベンダーによってサービスとして提供される可能性があり、エンド カスタマーは、特定の要件に合わせて調整されたシステムの相互運用可能な商取引システムを構成できます。

ケイパビリティ・アズ・ア・サービスのコンセプトに基づくマルチレベルのシステム・オブ・システムは、摩擦のない相互作用と情報共有を可能にし、最適な意思決定と、エンドカスタマーにとって価値の高い結果をもたらす行動を可能にします。

しかし、それには、ソリューションを提供する方法のパラダイム シフトが必要です。

クラウドブルーに期待

CloudBlue の使命は、Everything-as-a-Service のグローバルな配信システムを通じて、企業が顧客に価値を提供する方法を根本的に再構築することです。 私たちの目標は、グローバル エコシステム パートナーが、ソリューション提供における摩擦や課題を取り除くことで、エッジからクラウドまでのインテリジェントなサービスを大規模に提供できるようにすることです。

CloudBlue は、TM フォーラムおよびデジタル ツイン コンソーシアムのメンバーとして、グローバル テクノロジー ベンダーおよび通信サービス プロバイダーと協力して、ゼロタッチ ソリューションの提供、高価値の成果、魅力的なエンド カスタマー エクスペリエンスを推進するイノベーションを加速しています。

これは私たち全員にとって決定的な瞬間です。 私たちは、システムの集合システムにおける無駄や非効率性を排除するために協力する必要があります。これは、ビジネスや社会に深刻な影響を与え、最終的にはグローバルな課題を解決するのに役立ちます。

シェア